こんな素敵な竹細工が届きました!>

こんな素敵な竹細工が届きました!
c0301809_08383664.jpg
この端正な美

荷を解いて
お気に入りの楓机上に
置いてみた。
バックの雑然が✖️!

c0301809_08431670.jpg
こうすると
手作りの机と竹細工がお話をしているようです。

c0301809_08445045.jpg

c0301809_08445147.jpg

c0301809_08445397.jpg

c0301809_08445491.jpg

c0301809_08445525.jpg


ひとつひとつの作業に
どれだけ心を使っているか
感動します。


作者は
四国松山から1時間山あいの竹細工作家
内原聖次さん。

一昨年の
精進料理の藤井まり先生のワークショップが
内原家で行われて
同行しました。

広い土間のお台所から
勝手口をあけると
すぐそこに小川が流れ
全てを井戸水でまかない
お風呂を薪でわかす。

古民家に2歳の男の子と奥様と
お住まいの内原さんでした。

作業場では
いろいろな種類の竹を
たけかけて乾燥中。

冷える山あいの集落で
大きな薪ストーブと
土間に置いたピアノが印象的でした。

本当にすばらしい竹細工。


by mulde | 2018-03-14 08:37 | Comments(4)
Commented by アナベル at 2018-03-14 20:26 x
クレマチス、ほんとに万歳してそうです。
植物の自然な姿に心いやされますね。
竹細工…いいですね。机とぴったりです。
しっかり、丁寧に、素敵に仕上っています。
何を入れますか?
今思い出したのだけど、20年ほど前に東京で何かの展示会があって
竹の大きめの籠を買ってきたことがあります。私、けっこう竹のもの好きですよ。
作家の方のお宅に行かれてたのですね。
ストーブとピアノ…・いいですね〜。

田舎で豊かに暮らすこと、とても大切なことと想っています。
Commented by mulde at 2018-03-14 23:45 x
この内原さんという方は
丁寧この上ない方です。
奥様は明るくお料理大好きな笑顔の素敵な方で、お子様も天真爛漫。
古民家を捜して、たどり着かれたそうで
その生活は徹底していました。
お手洗いは洗練された水洗でしたけれどね。
精進料理のワークショップで、内原家の井戸のお水を使い切ってしまって、申し訳無かったのを思い出します。
内原さんの一人静かに座して作業されている背中が心に残っています。
大小様々なお作を拝見しましたが
どれも芸術品でした。
でも
土間に置いたピアノを見て
ピアノは駄目になると思いました。ていうか、古民家にピアノを置くところはないですよね。
Commented by mirakurupurin2 at 2018-03-15 04:06
机に写る光と影も美しいですね。
Muldeさんの編み物もそうですけど、丁寧な仕事に尊敬します。
私は雑な事が多くて;;;
下の記事の空蝉さんは、恥ずかしげだけど力強くて音がでかいです。笑
Commented by mulde at 2018-03-15 11:34 x
ぷりんさんの
あのあみぐるみのトナカイさん
私の尊敬する編み物の師にお見せしたら
そのかわいさにいたく感動しておられました。アイディア💡がすごい。雑なことなんか全然ないです。
空蝉の芽は、ものすごい逞しさを感じる芽でした。確かに!

<< 春蘭が咲きました。 クレマチスの万歳🙌 >>