懐かしい川

長男を
毎日インターナショナルスクールに送っていった
森の中の
Würm川。
Starnberg湖から流れています。
c0301809_23172785.jpg

この森の冬
美しい真っ白な雪の中

少しスケートしながら車で走りました。





この日
Würm川ほとりの
鱒を食べさせてくれるレストランは
季節ではないそうでcloseでした。
残念です。






同行のお一人はご用事で
旅の続きへと行かれ







のこりの2人は
Regensburgへと向かいました。
München より北へ150㎞。



楽しく語らいながあっと言う間の150㎞。

ドナウの夕陽です。
c0301809_23262367.jpg



中洲にある
Lindenbaumの大木の下に
地元の人々が寛いでいました。
c0301809_23265281.jpg



勿論
私たちも加わらせていただき
またしても
季節の恵みを。
c0301809_23272201.jpg





これで最後の夜だわ、と
友人の頼むビールが
大きくなりました!
c0301809_23293027.jpg




テーブルで同席の
地元の男性お二人は
なにやら
子供の時からの幼馴染みらしく、
君のおかあさんが
ああいったこういった
君の家のあそこにあるブランコが
どうのこうの
ビールと🍺和やかな時間が夜遅くまで過ぎました。









はい、
遂に最後の夜が明け
ドナウ河さん
おはよう!
c0301809_23323292.jpg





私たちは
食べ損ねてはならじと
Regensburgerというソーセージやさんに
突入。



刺青の腕のお店のお姉さんに
大きなこえで
『ニュルンベルガーソーセージを一皿』と、




おっとっとまちがえてしまいました。



すると
その辺の人達とみんなで大爆笑!!
ここは
レーゲンスブルクでしょうが。
ドジが治らない私です。
c0301809_23320838.jpg

同席のニュージャージーから来たご夫妻と
辿々しい英語で
楽しみました。




お店の中も
みせていただきましたよ。
c0301809_23313395.jpg
すごくおいしいから
みなさんも是非。







古くて
大きい教会です。
c0301809_23303855.jpg
c0301809_23305824.jpg
ノイシュバンシュタイン城みたいに
ピカピカになおすのではなくて
手間がかかるでしょうけれど

古いものを大切に
なおしている感じでした。









そ、し、て

もう一つ





ミッションのある私たちは
München郊外の
Nymphenburg城を目指しました。
はい、150㎞戻り。



LudwigⅡが生まれた
Byern王室の夏の居城だったお城です。
c0301809_23334598.jpg
c0301809_23330962.jpg

そのお城の窯に
最後のミッション。






Nymphenburg窯です。
c0301809_23332520.jpg

美しい作品が沢山ありましたが
決まらず
小さい花を持ち帰りました。
c0301809_00010780.jpg










帰りのANAのおとなりには
あっと驚く
ご近所に住む
水墨画の先生が座り
楽しく帰国しました。

水墨画の先生は
スイスのトレッキングツアーの帰りで
82歳。

マッターホルンの中腹を歩いて来たお話を伺いました。
元気をいただき
帰宅しました。







自宅では
お花たちが待ってくれていました。

c0301809_00100632.jpg
c0301809_00094701.jpg
c0301809_00092802.jpg
さあ、また
毎日頑張って参ります。






全走行距離1500㎞の旅でした。

c0301809_00191940.jpg
守ってくれてありがとう。














by mulde | 2017-06-04 00:11 | Comments(8)
Commented by torikoi at 2017-06-04 11:31
こんにちは!
素敵な旅だったようですね。どの景色も最高!
ビール・ソーセイジ・ホワイトアスパラも美味しそう、
お腹がグー早お昼をとりましょう。(*^_^*)

走行距離1500kmをお疲れ様でした。
Commented by アナベル at 2017-06-04 13:14 x
お疲れさまでした。

美しい景色とおいしそうな食事…・こちらも充分楽しませていただきました。
行きたいとこを選んで旅できることは最高の贅沢ですね。
Commented by mulde at 2017-06-04 20:24
> torikoiさん
今回は
ドイツでワークショップを行う
私の精進料理の先生に同行しました。
もう1人の同行者は先生のお知り合いの女性で
イタリアンレストランのシェフでした。
なんと、

私はビールが苦手で
ワインと紅茶でのりきりましたよ。
同行のおふたりはご機嫌で飲んでいました。

だって、私は運転がありましたから。

でもまあ、いろいろありましたが
私のしたいことはしっかり確保しました。
アスパラは、さすがに本場でおいしかったです。


Commented by mulde at 2017-06-04 20:27
> アナベルさん
ドイツでは感じなかった疲れですが
歳をとると、
疲れが出るのも遅いようで
昨日今日とばたんきゅう、やっていました。
が、復活!
編み物頑張り始めたところです。
今度は、アナベルさんのベルギー🇧🇪楽しみにしていまーす🎈
Commented by mirakurupurin2 at 2017-06-07 07:58
1500㎞;;;お疲れ様です。
腰が痛くなりそうな距離で驚きです。
すごい!

ドナウの夕陽って絵になりますね〜。
写真でもじ〜んと来ちゃう。

暑い時にビールとアスパラってすごく合いそう。
ビールの苦手な私でも、写真を見て飲みたくなりました。

82歳の方がトレッキングって・・・それが一番驚きです。
Commented by mulde at 2017-06-07 11:12
ぷりんさん
こんにちは!
今、関東地方の梅雨入りが発表されました。
あー、7月初旬まで
諦めの境地だわ☆

そうですよね。
82歳はすごいですよね。
でも、ぷりんさんは、軽く、
82歳トレッキングできると思います。

ずっとつづけたから出来るんですものね(╹◡╹)

私もビール飲まない人です。
しかし、ワインはだいすきです。

なぜか
字が灰色になって
よみにくかったでしょう?
さすがの私もダウンして
書き直す気力を失っていました。
ごめんなさい。

Commented by otenbasenior at 2017-06-17 03:44
muldeさん、お帰りなさい。
旧知の道路とはいえお一人で1500キロはやはり凄いです。
美味しいもの、懐かしいお友達、楽しい旅となりましたね。
日本から戻っただけで一週間もダラっとしてしまう私とは違いますね。
お庭の花達も喜んでいることでしょう。
Commented by mulde at 2017-06-26 11:01
> otenbaseniorさん
ただいま、が遅くなりごめんなさい。
何を隠そう
1週間は何をしても使い物にならない
ボケ頭でした。
助手席の方が
明るくお話を続けて下さったので
心配した眠気が出なくて
幸いでした。

撮った写真を見て愕然!
歩き始めました。
<< 恒例の掃除 Starnberg湖の朝 >>