納得

c0301809_7382247.jpg


全く
拒否感のない
読感を感じます。

ずっと前から欲しかった
武満徹エッセイ集。
毎晩ひとつ読むのが、
目下の楽しみです。

難解だと思って
近付き難かった大江文学の麓
入り口が見えた気がしました。

『僕の小説の書き方は、端的に、
書き直すこと。』
by mulde | 2015-01-17 07:36 | 読書 | Comments(0)
<< 母に守られて 大好きな山並み >>