カテゴリ:富士山麓の虫( 1 )

きれいなカミキリムシ

小さくても
神様の技を感じずにはいられない
美しい虫たち。

本当に驚くことが多いです。

大先輩に名前を教えていただいた
昨日のカミキリムシも
新緑に生えて
じっと見つめる美しさでした

再びご登場です。
c0301809_822076.jpg


勉強勉強・・・

カラフトトホシハナカミキリ
・学名 Brachyta sachalinensis Matsumura,1911
・カミキリムシ科 ハナカミキリ亜科
・体長 9-12㎜
・分布 北海道;樺太、極東アジア
・山地に生息。分布は局地的。
 5月中旬から6月上旬の早い時期に発生し、タンポポの花が好き。
 トホシハナカミキリに似るが本種の方が小型。足と触角第2~5節が黄色となるのが特徴。
 一心不乱に花に潜り込み花粉を食べる。

だそうです。(北海道静物図鑑より)

出ておいで、と、お尻をトントンとしても
もう無我夢中で頭を突っ込んで頑張る
美しいカミキリでした。
ただしたんぽぽではなく
ようらくつつじでしたが・・
富士山麓にいるんですね。
by mulde | 2014-06-22 09:14 | 富士山麓の虫 | Comments(0)