田舎料理

昨日収穫の里芋で田舎料理
c0301809_13134479.jpg
材料は
里芋(╹◡╹)皮をむいて塩で洗って水の中
人参、大根(╹◡╹)薄い短冊切り
木綿豆腐
薄口醤油 大匙2.5
日本酒 大匙2
米油 大匙1

あたためた米油の中に大根を入れて
強火で炒める。
c0301809_13205786.jpg



大根を寄せて人参🥕投入
c0301809_13234107.jpg



人参の上に大根を載せて
蓋をして蒸し煮。
人参のあまーい香りがするまで(╹◡╹)
c0301809_13262092.jpg


さてと次は
昨日獲れたての里芋(╹◡╹)投入して
少し全体を炒めて
c0301809_13275841.jpg
また蓋をして蒸し煮、5分ほど。
c0301809_13280072.jpg



そして
真ん中を少し空けて
c0301809_13304487.jpg


その真ん中に
おいしい八海豆腐さんの木綿豆腐
手で大きく崩して投入。
c0301809_13313142.jpg


あつあつの鍋肌から日本酒を手早く回し入れて
薄口醤油は全体にかけて
ここは手早く。

そして直ぐに蓋をして中火より少し強いくらいで里芋がとろりと柔らかくなるまで煮ます。

途中
お豆腐からの水分も蒸発してしまうので
水分をすこーしずつ足しながら煮るのがコツ。

身体がポカポカしてくる
田舎料理のできあがり。

人参と大根が
なんとも甘くおいしい一品です。
c0301809_13362050.jpg

愛媛南予の田舎料理でした(╹◡╹)

by mulde | 2017-10-31 13:12 | つくる | Comments(8)
Commented by アナベル at 2017-10-31 16:25 x
里芋、だいこん、人参、お豆腐の蒸し煮…・郷土料理ですか?
ほっこりしますね。
私は里芋を蒸して、酢味噌をかけていただいています。
コロッケもいいですよね。お味噌汁に入れても。
我が家ではお正月のお雑煮に必ず入れます。

富士山の形…きれいですね。
広く広がっているのですね。
雄大…・です。
ほんとに日本の大切なお山。。
Commented by mulde at 2017-10-31 18:32
アナベルさま
私、人参を全部抜いてしまいました!
お花を見る予定だったのに〜!
残念。
昨日収穫した里芋はとろりとしてとても美味しかったです。自画自讃、すみませぬ。
あと5回くらいお料理できそうです。
蒸してみなくっちゃ、ね。
コロッケもやってみますね。

ところで、マムシグサが秋にどうなったか、
みてくださいましたか?
10/18の記事の最後に載せておきました。驚くわよ〜!
もい、ご覧になっていたら、しつこくてごめんなさいね。
Commented by アナベル at 2017-10-31 19:51 x
おいしそうな里芋ですね。
マムシグサ見てなかったかも。
実は、しのだ巻きが気になって、私作ったことなくて写真をずーっと見てました。
お花たちがとてもみづみづしくて、うっとりしてましたよ。
大きな木とマムシグサの写真は見てませんでした。
もとはグリーンでしたっけ。
自然の力はすごいですよね。お名前もすごいですね。
我が家にも大きな木が狭い庭にあります。
最初は2メートルぐらいだったのに…その葉がぜーんぶ落ちるのでこれから大変です。
小さな中庭にもヒメシャラがあってこれも7メートルぐらいに伸びていて…。
落ち葉もいいですよね。
何年か前は落ち葉をそのままにして秋を楽しんだこともありましたけど
後始末が大変でした。
muldeさんが冬が好きと言われてて、私も冬を楽しめたらと想っています。
雪と薪ストーブ…私にとって絵本の世界です。
Commented by yzarsakura at 2017-10-31 20:07
こんにちは。ぜ~んぜん知らない作り方の料理、でも美味しそう!
と思って二度見したら、愛媛県南予の料理ですか!!
夫が南予(卯之町)の出身ですから、
今度、何も言わずに作ってみましょう。
どうかなどうかな?
Commented by mulde at 2017-10-31 21:06 x
アナベルさま
ね、ヒメシャラの実、どうです?
食べたくなる時があるんですけど。
やめたほうがいいかしらん。木が大きくなると上の方で花が咲いて、花とか実とか落ちてきて、初めて、花を知りますよね。
今度、私の信田巻き、のせます。
わたしのは、建長寺の典座の信田巻き。精進料理です。
温まります。
Commented by mulde at 2017-10-31 21:17 x
yzarsakuraさま
おお、卯之町ですか。私は松山そだちですが両親は三瓶町皆江出身。
母がよく作る田舎料理ですが、果たして
ご主人さまはどうでしょうか。
ご主人さまに聞いてみて、
みがらせ(酢味噌でテッポウの茹でたのやら、これは鮫のことですが、蛸やら、
お野菜茹でたのやら、を食べる料理)
をご存知かと。
これも小さい時、皆江でお客様する時いつも食べた郷土料理でした。
Commented by otenbasenior at 2017-11-01 23:48
muldeさま、

郷土料理にほっこりですね。ましてご自分で育てられた里芋と人参で美味しさ倍増でしょう。初めて見るお料理ですが簡単に集まる食材ばかりなのでいつか作ってみます。
忍野名水のお豆腐も見るからに美味しそうです。
Commented by mulde at 2017-11-01 23:59
おてんばさま
ご存知忍野名水。
この八海豆腐は本当においしいのです。
素朴な家族営業のお豆腐屋さんで
お嫁さん、ご主人さま、小学生のお孫さん達まで、お店番をかわるがわる。
お隣は別のお豆腐屋さんで、そちらは、観光客相手で、その味の違いは歴然としているのです。
簡単だけど、丁度良い水分補給と、お醤油加減、そして、里芋をとろりと仕上げるのは結構難しい田舎料理。奥深し、といったところです。
56㎞のライド、続けていてこそお出来になることなんですね。私もピアノを弾かなくちゃ。
<< 昨夜出会った鹿達 日没の富士山 >>