娘の熱が
下がらない。
一昨日の16:00をかわぎりに
先程41度を記録。
たった今も熱ざましを飲んでしばらくしたのに
39.9度と、驚異的。

昨晩夜間のお医者様は
大変な中
実に丁寧で親切だった。

が、夜間に引き続きの同じ病院の
昼間の外来担当医師のお粗末だったこと!

だから不安になるのです。

信用出来ないですから。

相談の電話に出てくださった看護士さんは的確でとても親身になってくださって、外来担当医師のお粗末さに『申し訳ございません』。
有能な看護士さんには、申し訳ないですけれど、謝っていただいても意味がありませんから
あしたは、かかりつけのお医者様のところに
いきます。

みなさまも、油断大敵です。
春先の風邪に
御用心。
by mulde | 2014-03-13 00:11 | Comments(6)
Commented by mikarose at 2014-03-13 20:18
娘さんのお熱はいかがでしょうか?心配です。
ご近所さんが、4日間40度を超える熱で苦しんだと言われていました。
結局インフルエンザだったようですが、処置が遅れ
特効薬の効果もなかったそうです。
医療従事者は忙しいのはわかりますが、事務的にこなされたり
こころない一言がどれだけ患者さん、家族を傷つけるか
病んでいる方の対応ですから、しっかり考えて欲しいですね。
私も医療従事者として肝に銘じておきます。

娘さんのご回復をお祈りしております。

Commented by fucanon at 2014-03-13 21:32
お嬢さんのお体はいかがですか。心配ですね。
医者は、私もいろんなところに行きますが、親切な先生もいれば、そうでない先生もいますね。
先生も忙しいでしょうが、忙しい時ほどその人の性格が出るのではないでしょうか。
人として、その人の身になって対応できるよう心がけたいものです。
お嬢さんが早く良くなるといいですね。
Commented by berry at 2014-03-13 22:53 x
こんばんわ、
ご家族が高熱で心配で藁にもすがりたい位の気持ちのときに
いい加減な診察や応対をされるって、ホント御腹立ちよく分かります。
子供が赤ん坊で高熱で担ぎ込んだ病院で同じ目に遭いましたから、、

今はお嬢さんお大事に看病なさってくださいませ。
お早い平癒を祈っております。
また落着かれた頃伺います。
Commented by mulde at 2014-03-13 23:52
mikaroseさま
こんばんは!

さがりました!
ご心配をおかけして
本当に申し訳ございませんでした。
あっけにとられてしまう経験をいたしました。
びっくり、唖然。
疑インフルエンザということで
こういうドアのところから入って、と写真を見せられ
高熱でフラフラの娘と二人、建物の反対の裏側まで、
そのドアを探して外を冒険。
やっと見つけて入ると
だれもいない。
何の情報もなくうずくまって耐えていると
30分ほどして
いきなりドアが開いてその医師が入ってきました。
「インフルエンザだったし・・・」と面倒くさそうに言って
そのあとは、思い出すのも辟易。
いやあ、珍しいほど徹底して自分本位なダメ医師でした。
普段、本当にいいお医者様にしか接していなかったので
びっくりしました。町田の慶泉はああいう医師を雇うんですね~。
二度と近づきません。

他山の石他山の石・・・
私も私の行動に気をつけなくてはいけませんね~!


Commented by mulde at 2014-03-14 00:02
fucanonさま
こんばんは!

さがりました!
おっしゃる通りだと思います。
忙しかったり、疲れていたり・・・
そういう時に他人の気持ち慮ることができるのは
すごいことなんでしょうね。
私の身の回りのお医者様がすごいことを
再認識し、感謝一入の気持ちです。
ご心配をおかけして
誠に申し訳ございませんでした。
Commented by mulde at 2014-03-14 00:11
berryさま
こんばんは!

さがりました!
赤ちゃんだったらことさらですよね。
このいい加減な医師のインフルエンザの診断を
全く信じられませんでした。
信頼関係がまず必要不可欠なのに
ひとこと言葉を交わしただけで
娘も私も
この医師に完璧な不信感を持ったんですよ~。
お医者様にこんなに強い不信感を持ったのは
初めてでした。

ご心配をおかけし
誠に申し訳ございませんでした。
<< ひと安心 うれしいニュースと、利休忌 >>